辞書のような薄い紙のスキャンの事例 N協会様

案件の概要

お客様名・業種  N協会様
ご利用サービス内容  出版物の電子化
電子化の目的  出版物を整理したい(スペースの確保)。2003年度版、2004年度版、2005年度版をすべて電子化。
入稿方法  佐川急便より箱詰めで、計3回年度版に分けて入稿。
納品方法  DVD-Rに背番号順にデータを保存してクロネコヤマトにて宅配。入稿ごとにデータを納品。
納品形式  ファイル形式はPDF。ファイル名は、JISハンドブックの背番号_タイトル_年度 にて作成。

電子化のポイント

過去の出版物を保管しているが事務所の移転を機に整理したいということでご相談を頂きました。大半の出版物が辞書のような薄い紙のため破れることがないようにスキャンすることがお客様から求められた要件でした。そのため、通常のドラムスキャナーでは薄い紙が破れてしまうため、民生用のドキュメントスキャナーを使用し担当スタッフがスキャナー機器1台に張り付いて電子化作業をおこないました。また、薄い紙の場合、どうしても裏写りが生じる場合がございます。裏写り軽減をスキャナー側で設定しスキャンをおこなう一方で、紙の時点で裏の印刷が表側にも映ってしまっている場合は、フォトショップで修正をおこないました(別途追加料金)。表紙などが厚い紙質の場合は、ドキュメントスキャナーでも読み込めないため、SV600などの民生用機器を使用して対応しています。全部で1000冊以上の薄い紙の冊子を3ヶ月かけて丁寧にスキャン処理致しました。