スキャン専科について

私たちは、企業内に蓄積された紙の書類を電子化し、廃棄処理するサービスを提供しています。

スキャン専科とは

imgスキャン専科は、東京都に拠点を置く、雲紙舎合同会社が運営する法人向け紙文書電子化サービスです。

2010年よりスキャニング事業を展開しており、これまで延べ1000万ページをスキャンした実績があります。

会社内のキャビネットや倉庫に蓄積された書類が多く保管のためのスペースにコストがかかってしまうため、電子化することでコストをゼロに抑えたいが、電子化する担当者やノウハウがなくて困っている法人様や、業務上紙の書類がどうしても生じてしまい、これらに必要に応じて素早くアクセスする必要性があるが、書類の量が多すぎて実現が出来ず、電子化する担当者やノウハウがなくて困っている法人様向けのサービスです。

医学書の電子化から事業をスタートしているため、スキャニング業界で初めて全ページを目視で検品するなど品質への取り組みに最も力を注いでいます。特に、スキャンによる傾斜や歪み、紙粉の影響によるデータノイズ、ページ折れ、落丁など、スキャニングには問題が多くあり、スキャン後の検品や修正にどれだけ対応出来るかがお客様の満足度に影響してきます。

このように、医療関係者の方など品質を重視されるお客様が多いため、スキャンされたPDFデータの品質第一というポリシーを実現するために、スキャンデータを、様々な画像処理を駆使してノイズを把握したり、全ページ目視で検品するなど業界初の独自システムを多く取り入れることで対応しています。

スキャン専科について2

サービスの流れとして、ご相談お問い合わせより仕様書のご提示致しますので、ご了承頂けましたら内金をお支払い頂きます。その後、書類は配送、場合によっては弊社スタッフが集荷にお伺いし、24時間有人監視の事務所で機密書類をデータ化処理します。データ納品後、残金をお支払い頂きます。

廃棄処理は、安心のクロネコヤマトの廃棄処理サービスを利用致しますので、廃棄処理証明書の発行も可能です。

スキャン専科は、激安・最安を主旨とするサービスではありませんが、高価格をウリにしている訳でもありません。
品質の良いスキャンデータを適正な価格でご利用いただくことでお客様の課題解決に貢献しています。料金につきましては、担当スタッフにご相談頂ければ可能な範囲内で対応させて頂きます。

スキャニング料金のお見積もり方法について

ホームページに掲載の料金につきましては、あくまで目安の料金となります。
「書類の状態」「量・納期」「データ仕様」の3つのポイントで料金は変動します。
料金のページへはこちらから

お見積もり・お問い合わせ

お見積もりをご希望のご担当者の方は、お問い合わせフォームより御連絡ください。
1営業日以内に、担当者よりご返信致してまいります。

書類の状態につて

img_3
書類がファイリングされていたり、ホッチキス留めされていたり、裁断されていない冊子など、書類がどのような状態かによって、スキャン前、スキャン後の作業量が変動します。お問い合わせの際に、書類の状態について、お客様にご確認をしっかりとおこなっていただき、場合によってはデジタルカメラで書類の状態を撮影しお送り頂いております。

量や納期について

書類の量が多ければ納期にお時間を必要とします。
しかしながら、お客様の事情によっては、大量の書類を短納期で希望される場合もあります。
そのような場合は人員増のため料金があがってまいります。
ご相談時に納期や量についてもご確認をお願いしています。

データ仕様について

書類をどのようにデータ化し、データのファイル名をどう入力していくのかなどでも料金は変動してまいります。
PDFのしおり作成をご希望の場合や、1ファイルの枚数などでも、スキャンの単価は変動致します。

そのため、お客様のご意向を伺いながら、最適なデータプランを弊社スタッフが検討し仕様を固めご提案致してまいります。